福岡・室見川上流のホタル観賞特集

福岡市内にあるホタルの名所 室見川上流でホタル観賞

そろそろホタルの幻想的な光を楽しむことができる季節ですね。水が綺麗な豊かな自然の中で見ることができるホタルですが、実は福岡市内にもホタルを観賞できるスポットがあるんです。
なかでも室見川上流はホタルの名所として人気ということで、今回は福岡市内のホタル観賞スポット 室見川上流へホタルを見に行ってきました!(2019.06.03 UPDATE)

室見川上流までは福岡市内から車で40分程度、バスで50分~1時間程度です。ホタルを見に来た人向けの駐車場などは無いようですので、できればバスで行くことをおすすめします。
ここ数年は6月になると西新~上石釜のほたる観賞臨時バスが出ていましたが、2019年度の運行はなくなったようです。(2019年のホタル観賞臨時バス運行についてのお知らせがありました。詳しくは西鉄日本鉄道 臨時バスのご案内をご確認ください。)
今回は西新から通常運行のバスに乗ったため、1度乗り換えが必要でした西新からのアクセス情報はこちら。長い時間バスに揺られていると、プチ旅行みたいでワクワクします。

福岡・室見川上流のホタル観賞スポット 地図
福岡・室見川上流 ホタルのモチーフがあしらわれた橋福岡・室見川上流 ホタル観賞

室見川上流のホタルは石釜地区の上石釜、中石釜、下の畑周辺で見ることができます。今回は上石釜バス停でバスを降り、川音をたよりに少し歩きました。ここが福岡市内なのか…と驚くほど山の中です(笑)
ホタルは19時半ごろから舞いはじめるらしいのですが、それまでは時間があるということで、ホタルが見れそうな場所を一旦確認した後は、近くをブラブラ散策してみました。
バス通り沿いにはちらほらとカフェや雑貨店、ギャラリーなどがあります。この日は平日のためか、残念ながらどのお店も閉まっていました…。でも、川のせせらぎの音を聞きながら歩くのはとても気持ちがいいです。

日も沈み暗くなってきたので、先ほど確認した場所に戻り、ホタルが出てくるのを待ちます。しばらくはホタルの姿が確認できず、時期が早かったか…とあきらめかけたのですが、ぴかぴかと光りながら動くものが視界に…!「ホタルいたーーーーっ!!」と、この日一番のテンションになりました(笑)。
この日は少し時期が早かったのか「ホタルの乱舞」とまではいきませんでしたが、儚くて幻想的な光の舞いを見ることができ、心が癒されました。

初夏の風物詩 ホタル観賞を福岡市内で楽しむのであれば、ここ室見川上流はおすすめです。のんびりバスに揺られながら行ってみてはいかがでしょうか。

【西新から室見川上流までのアクセス(西鉄バス利用)】

  1. 西新パレス前 3番(早良高校)
    約30分/300円
  2. 早良営業所 3番(曲渕)
    約15分/300円
  3. 上石釜
  1. 西新パレス前 3番(陽光台)
    約40分/440円
  2. 陽光台 3番(曲渕)
    約7分/190円
  3. 上石釜

詳しいダイヤ・料金はにしてつバス時刻表をご覧ください。
ほたる観賞臨時バスの運行については西鉄日本鉄道ニュースリリースをご確認ください。

福岡・室見川上流 ホタル観賞

室見川上流 石釜エリア

住所:福岡県福岡市早良区石釜

~福岡・室見川上流付近 おススメのお食事処をご紹介~

自分だけの秘密にしておきたい
緑に囲まれた郷土料理のお店

早良区の石釜地区にある郷土料理のお店「舎(やどり)」。国道263号線(三瀬に向かう道)に看板が出ているので場所はわかりやすいと思います。
古民家風のお店は緑に囲まれてなんともいい雰囲気の佇まい。青い暖簾をくぐってお店に入り、まずはスリッパに履き替えます。 店内には器や東北地方を中心とした色々な特産品が置いてあり、購入できるようです。

福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 舎 (やどり)
福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 舎 (やどり)福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 舎 (やどり)

席はカウンターと囲炉裏を囲む席などがあります。今回はお店のすぐ横を流れる小川を眺めることができる縁側の席に座らせてもらいました。美しい緑や水の流れる音、たまに吹き抜けるひんやりと心地よい風に癒されます。 食事は「いなにわうどんセット(¥1,600)」を選択。うどんとご飯、野菜サラダ、小鉢にコーヒーとごま摺り団子が付いたセットです。

いなにわうどんは秋田のうどんで日本三大うどんのひとつに数えられるそうです。私はいなにわうどんを初めて食べたのですが、細麺なのにコシがしっかりとあり、噛むとモチっとしています。うどんというより太めの冷麦を食べているような気分です。 ご飯は3、4口分くらいの量でめかぶが添えられています。サラダに使われている野菜は全て無農薬で自家製だそう。新鮮でおいしいお野菜でした。梅干しも東北のもので酸っぱすぎず口の中に梅の香りが広がります。

食後のデザートのごま摺り団子は岩手の特産品です。一口サイズの小さめのお団子で、中に入っているごまの蜜が食べるととろっと出てきて美味です。 コーヒーは苦味は強すぎず、酸味も柔らかくてマイルドです。冷めると少し酸味を感じました。いつもはコーヒーにはミルクを入れるのですが、こちら舎(やどり)のコーヒーはミルクを入れずに美味しく頂けました。後味がすっきりで尾を引かないコーヒーです。

食事も特産品も東北のものばかりなのでなんでかな~と思いお店の方に尋ねると、新潟に長く住まれていたとのことでした。色々な土地に行くのもお好きだそうで、お話していて楽しい方でした。
本当に癒される素敵なお店ですので、三瀬方面に行かれる際などぜひ寄ってみてください。

福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 舎 (やどり) 店内
福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 舎 (やどり) 外観

舎 (やどり)

住所:福岡市早良区石釜1160
電話:092-803-0248
時間:11:45~18:00
定休:不定休

福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 姫蛍

山中なのにたくさんのお客さん
種類豊富なビュッフェに大満足

早良区石釜にある「姫蛍」へ行ってまいりました。緑豊かで、シーズンには蛍も見られるこの地域ですが、ギリギリ福岡市であり、車でも中心部から40分ほどで行ける素敵なスポットです。 国道262号線を真っすぐ行けば看板が出ているので、お店の場所はわかりやすいです。山の上にあり、駐車場も広いので安心して行けます。

こちらの「姫蛍」は、「千石の郷」という、温泉施設の中にあります。宿泊もできるようです。玄関から入り靴を脱ぎ、靴箱に預けます。2階が「姫蛍」なので、エレベーターで上がります。 ビュッフェは1,700円ですが、温泉とセットになっているプランもあり、受付で聞かれます。ちなみに、8月から料金改定されるようなので要確認です。 席は店員さんから案内されます。窓際の景色がとてもきれいでおすすめですが、12時前に行ったにもかかわらず、すでに満席になっていました。景色も味わいたい人は、開店と同時に行った方がいいと思います。

席についたら、早速料理を選びに行きます。こちらのビュッフェは、本当に品数が多いです。唐揚げ、ポテトなどの揚げ物やいろいろな煮物系、サラダも何種類もあり、ドレッシングも豊富。 カレーやおそばの変わり種もあれば、ドリンクも何種類もありました。もちろん、スイーツも盛りだくさん。私が行ったときは、甘夏を使ったものが多く置かれていましたよ。

福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 姫蛍福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 姫蛍

お料理の種類と分野が多すぎて、お皿に盛るだけで15分くらいかかってしまいました。でも、本当に食べ応えありますし、野菜が多いのでバランスもよく、女性向けだと思います。 私が食べたもので印象に残っているのは、アジのフライです。サクサクで、あまりビュッフェには置いてない感じなので、おいしかったです。また、この辺りはお豆腐も有名ですが、こちらも釜石豆腐が置いてあり、取り放題。 大豆の味がしっかり感じられ、おいしかったです。

店内は、平日にもかかわらず若いママからご年配のグループまで、たくさんのお客さんで賑わっていました。少し遠いですが、場所もいいので、ドライブがてら足を伸ばして見るのをおすすめします。

福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 姫蛍 店内
福岡・室見川上流 ホタル観賞 お食事処 姫蛍 外観

姫蛍

住所:福岡市早良区石釜333-2
(湧水 千石の郷 内)
電話:092-872-4141 時間:[月~土]
11:00~15:00、17:30~21:00
[日・祝]
11:00~15:00、17:00~21:00
定休:年中無休

こちらのコンテンツもおすすめ

  1. 糸島の古民家カフェ特集
  2. ウエストコート姪浜 ボルダリング特集

エリアで選ぶ

ジャンルで選ぶ

お気に入りクリップ

「クリップに追加」ボタンをクリックすると気に入ったお店が保存され、後から検討することが出来ます。

八女市のグルメサイト やめぐるめ

スポンサードリンク

特集バックナンバー